各証券会社の一般信用在庫情報はここをクリック(随時更新中!)

【暑い日のマスクにひと吹き】蒸れ蒸れマスクの救世主!!  自宅で作れるハッカ油スプレー

こんにちは。そこらへんのおっさんのおくさんです。

おっさんのおくさんがみつけたおいしいものや生活に役立つもの、手軽にできる料理のレシピなどを紹介していきます。

【自宅で簡単】 暑い日の蒸れ蒸れマスクの救世主!!

皆さん。毎日暑い日が続いております。

そして、新しい生活様式の導入によりマスクの着用を日々強いられておりますが・・・おっさんのおくさん・・・もうこの暑さに耐えられない(-_-;)。

「モーーー無理っ!!」と思って人目をはばからずにマスクを外したときのあの解放感と涼しさ・・・。

え? え? え? 皆さんも一緒でしょ???

これからますます暑くなっていくというのに、既に真夏のマスク着用に危機感を抱いております、わたくし。

皆さんはいかがでしょうか??

どうにかマスクの中を涼しくしたいと思い、「マスクに小さな穴をあけて通気性を良くしてみようか」とか「マスクの中に湿布でも仕込もうか」・・・とかいろいろ考えてはみたものの、有効な策は何一つ無い・・・、いやいや、マスクに穴なんて開けたら、例えそれが小さな穴であってもメチャクチャ駄目なやつでしょ・・・(笑)

で、

行きついた先がコレです!!

ハッカ油
ハッカ油

市販のハッカ油と水道水、スプレーボトルだけで作る自家製ハッカ油スプレー。

で、これをマスクにシュッとひと吹き~

キャー(#^.^#)

感動~。

ムレッムレだった口元がひんやり~、すっきり爽快~、さわやか~。

なんなら鼻づまりまで解消しちゃってる~。

これ、スプレーする位置がまた重要でして・・・

マスクのど真ん中にスプレーしてもちょうど唇の上あたりへの噴射になるため、

あまりひんやり感を味わえません。

ですので、唇の両脇あたりに位置する場所をめがけてシュッシュッとスプレーしてください。こんな感じ 

お勧めスプレー箇所

いろいろあるハッカ油スプレーの作り方ですが、

一番簡単なのが、水道水10ミリリットル(小さじ2)あたり、ハッカ油1~2滴。

ハッカ油のミント効果を考えると一週間前後で消費してしまったほうが良しとされていて、また衛生的にも早く使い切ったほうがいいので、少量づつ作るのがお勧め。

(注) 精製水や無縁エタノールを使って作るハッカ油スプレーもありますがおっさんのおくさんとしては安価で作ってみたかったのであえて水道水だけで作っています。

このハッカ油をつかったスプレーは、暑い日のひんやりマスク作成のためだけでなく、他にも網戸に吹きかけて蚊やゴキブリなどの害虫除けに使ったり、ハッカ油そのものを原液のままお風呂に入れて薫り高いリッチな入浴時間を過ごしてみたり・・・、何せハッカ油は自然なものですので紅茶に一滴たらしてミントティにしても安心安全、お勧めです☆ 

消臭効果もあるので靴の中や寝具に吹きかけるのもグ~っ。

寝る前に枕にワンプッシュ、これだけで寝苦しさの軽減につながり質の良い睡眠が得られます(#^.^#)

私はスプレータイプのハッカ油が販売されていることを知らず、空のスプレーボトルを探し回ってやっと購入⇒ 自分オリジナルのハッカ油スプレーを作りましたが、空のスプレーボトルがなかなか手に入らない昨今・・・最初からスプレータイプになっているハッカ油のほうがお勧めかもしれませんね!

先の見えないマスク着用・・・、真夏にするマスクの恐怖・・・

あ~、今だけでいいから南半球に引っ越したい。

スプレー御一行
スプレー御一行

今回もおっさんのおくさんがお届けました!

コメント