各証券会社の一般信用在庫情報はここをクリック(随時更新中!)

【クロス費用計算ツール】費用の推移を計算できるようにしました。

クロス費用計算ツールの中で各証券会社の一日あたりの金利や貸株料、短期売建開始日、フライングクロス開始日などの情報がみれるようになりました。

一般信用クロスの概算費用の推移を、指定した注文日~権利付き最終日迄もしくは最長4週間を対象にシミュレーションします。

使い方

一般信用在庫一覧の画面にある「推移」をおします。

一般信用在庫一覧
一般信用在庫一覧

すると「クロス費用の推移」という画面に遷移します。

以下、画面に表示される内容です。

クロス費用推移計算パラメタ

計算用のパラメタです。

一般信用在庫一覧から遷移したときは、自動的に値がはいっています。

変更し「クロス費用推移」をおすと指定した値で再計算することもできます。

クロス費用推移計算パラメタ
クロス費用推移計算パラメタ

基本情報

計算対象の銘柄の基本情報です。

基本情報
基本情報

クロス費用推移ー前提条件

シミュレーションのその他前提条件です。

約定株価、約定株数、約定金額、単元株数や、費用計算する対象の権利日とそれに対応する権利付最終日、権利落日などが記載されています。

推移の計算は、パラメタで指定した注文日~権利付き最終日迄もしくは最長4週間を対象にシミュレーションします。

前提条件
前提条件

クロス費用推移ー計算結果

クロス費用の推移のグラフがいくつか出力されます。

証券会社比較

証券会社の代表的なシナリオを1つのグラフにのせています。

現在の対象は、SMBC、楽天、auカブコムです。

色で証券会社を分けています。

表示・非表示は、凡例の文字の部分をクリックすることで切り替えることができます。

また、折れ線のプロットにマウスオーバーすると費用が吹き出しで表示されます(これらの機能は他のグラフでも同じです)

以下は、他のグラフでも同じです。

  • 日付は、注文日ベースです。平日の場合、注文日=約定日です。
  • 短期は、売建可能日で約定する注文日から表示されています。実際には、前営業日の争奪戦などの開始時間から注文することができます。
  • 楽天からの移管については、移管が間に合うかは考慮していません。

各証券会社

SMBC、楽天、auカブコム、マネックス、SBI、GMOの代表的なシナリオをそれぞれ1つのグラフのせています。

長期・無期限系は青色、短期系は赤色にしています。

楽天証券の例

楽天証券では、超割大口優遇ものせています。超割との比較が可能です。

楽天証券
楽天証券

SBI証券の例

SBI証券では、フライングクロスの費用ものせています。

短期同様、実際の注文開始のタイミングは、前営業日の争奪戦開始時となります。

まとめ

ツールはベータ版のいちづけです。

誤りや改善要望があればコメントいただけるとありがたいです。

クロスタイミングの検討や省力化につがればとおもいます。

それでは!

コメント